遺産相続で必要になる親族

遺産相続をする時など遺産の計算などに親族の範囲がとても重要な意味を持ってきます。法律上の親族とは、配偶者と6親等内の血族及び3親等内の姻族と定められています。6親等や3親等など聞き覚えがないかも知れませんが、この親等とは血のつながりの距離の事です。
この親等は、自分から見た血のつながりの距離で数える事になります。親子間が1親等となりこれが基本になります。祖母の場合には、自分の上の両親が間に入りますので2親等、叔父や叔母の場合は祖父母を通して血がつながるため、3親等になり、従兄弟の場合は4親等という計算になります。
配偶者に関しては同世代という扱いになりますので親等はありません。

直系尊属とは

直系尊属とは父や母、祖父、祖母など自分を中心に考えた時に、自分よりも前の世代の事になります。
直系尊属の意味は、直通する系統の親族のことになるのです。
また、ちょっと考え方は変わりますが養父母も直系尊属に含まれる事になります。しかし、叔父や叔母、配偶者の両親や祖父、祖母は直系尊属には含まれません。

直系卑属とは

直系卑属とは、子や孫など自分を中心に考えた時に、自分よりも後に生まれて来た世代の中で直通する系統の親族のことを意味します。また、養子も直系卑属に含まれます。
しかし兄弟や姉妹、甥、姪、子の配偶者については直系卑属には含まれません。

直系尊属や直系卑属以外にも覚えておきたい用語

遺産相続の時には色々な専門用語が飛び出します。その時に取り乱さないように簡単にご紹介します。最も登場機会の多い「血族」とは、直接、血のつながりのある人の事になります。主に自分の子供のことなのですが、養子縁組による親族も民法上は血族と考えられております。
これに対して姻族とは、配偶者の血族の事になります。つまり配偶者の両親や兄弟、姉妹などは姻族となります。配偶者の両親は1親等の姻族で、配偶者の兄弟姉妹は2親等の姻族となります。

傍系血族とは、叔父、叔母や甥、姪など、直系血族以外の親族のことを傍系血族といいます。遺産相続対象は直系卑属→直系尊属→傍系血族の順になっておりますので、傍系血族の方は、遺産相続の中ではかなり遠くの場所にいる事になります。
また、被相続人との関係は、様々なケースがでてくるので、相続が複雑になる場合があります。
もっとも相続でもめるのは、傍系血族の待遇になりますので、もし傍系血族の遺産相続でもめるような事がありましたら、弁護士さんを早目に入れておいた方がよいと思います。