不動産売買をするにあたって、物件そのものの価格を支払えばそれでおしまいかというと決してそうではないです。不動産売買するにあたって、不動産屋が仲介に入るケースが殆どだと思います。不動産売買を成立させるにあたっていろいろと動いてくれた不動産会社に対して支払う報酬として、仲介手数料があります。

不動産売買の仲介手数料の額

不動産売買の仲介手数料は、不動産会社で勝手に設定することはできません。法律の中で決められている上限以内でもらう必要があります。売買の場合の仲介手数料は取引金額によって決められます。
200万円以下が本体価格の5%
400万円以下が4%+6万円
それを超えるのであれば3%+6万円になります。
ここに消費税が加算されます。大半の不動産売買で400万円を超える取引になるでしょうから、一般的には3%+6万円の消費税というのが相場です。

賃貸の場合の仲介手数料

賃貸を借りるにあたって不動産会社に仲介を依頼したのであれば、これもまた仲介手数料が発生します。
仲介手数料は、家賃の1か月分+消費税が上限と決められています。通常は全額この仲介手数料を借主が支払います。しかし一部物件を見てみると、貸主と借主が折半して支払うケースも見られます。