不動産売買における代理と媒介とは

不動産を売却しようと思った場合、不動産の所有者は自分自身で買主を探して取引を行う方法と、不動産屋を通じて買主を探してもらう方法の2つから選択します。
しかし、不動産の売買を行う場合には、自分で買主を見つける事や、複雑な不動産取引を行う事は、専門的な知識がある方でないとほとんど不可能ですので、一般的な不動産売買の時には不動産屋を仲介して売買をする事になります。
この時の不動産との契約形態が代理と仲介の2種類があるのです。

不動産売買における代理と媒介の違い

基本的に不動産売買において最も多いのは、仲介になります。
この仲介とはどのような契約なのかというと。売主と買主の間に不動産屋が入り取引を仲介してくれます。この仲介の場合には買主と売主の両方ともが仲介手数料を不動産会社へ支払う事になります。
仲介にも種類があり、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つの種類が仲介にはあります。

これに対して代理の場合では、不動産会社が売主の代理となって売買をすすめてくれます。
不動産会社は売主から代理権を得る事によって不動産会社と売主は全く同じ立場になります。
その為、買主からしてみると、不動産会社が売主のように見えます。
買主側は、不動産会社への仲介手数料は必要なくなります。その分、売主側は、普通の仲介手数料に加えて、買主が支払うはずだった仲介手数料も支払わなければいけなくなる可能性があります。
必ずしも払わなければいけないという事ではなく、取引内容によって決められています。

代理と媒介契約を締結する

基本的に売主と不動産会社との代理や媒介の契約は書面で取り交わす事になります。
契約の中には、物件調査をする権利であったり価格査定、売買の相手方の探索、売買の相手方との交渉、売買契約の締結と書面の交付、決済、引渡しまでは含まれており、売主と不動産会社との代理や媒介の契約が一旦行われればそのほとんどをお任せする事ができてしまいます。
特に専門知識の必要な部分を専門科に丸投げできるのは非常に大きなメリットであると言えます。

しかし、仲介の場合には、売買契約を締結するのは売主ですので、最後は出て行って契約書を交わす必要があります。
これに対して代理は、売主と同等の力をもっておりますので、契約の締結をする事はできるようになっております。代理や媒介の契約は、不動産の状況や、故人のスキル、あとは時間の余裕などを考慮して決定するのがおすすめです。