不動産と動産

不動産という言葉は聞いたことがあるけど、動産と言う言葉があるのを初めて知った方という方は意外と多いと思います。
これから資産運用や投資などを行う場合、度々登場してくる言葉ですので、わからない方は知っておいた方が良いと思います。
そこでこちらのページでは、不動産と動産の違いなどについてご紹介していきます。

そもそも不動産とは

耳慣れている不動産がどのような物なのかというと、民法86条において「土地及びその定着物は不動産とする。」と設定されています。これがどういう意味かというと、不動産は動かすことが出来ない全ての財産の事を指しています。
例えば土地であったり土地に建っている建造物、立ち木などは全て不動産と言います。他にも土地を持っているからこそ成り立っている漁業財団や道路交通事業財団、鉄道財団など業務関係の財団も一個の不動産とみなすとされております。
他にも船舶や航空機、鉱業権、漁業権、採掘権、ダム使用権なども不動産に準じた扱いになっております。

これに対して動産とは、その名の通り動く財産です。例えば銀行にある貯金をはじめとした現金であったり株券、債券などはもちろんの事、車であったり、宝石、時計、電化製品、家具などは動産という扱いになります。
不動産以外の動かせる財産は全て動産というくくりになっているのです。

民法第86条第1項

民法第86条第1項には、土地及びその定着物は不動産とすると明記されておりますが、この一文ではあいまいなケースに対処できない場合があります。
例えば土地は間違いなく不動産になりますが、土地の中にある鉱物などは不動産には入りません。また、建物も不動産になりますが、建設中の建物などもどの段階から不動産になるのかは、裁判事例でも複数の判例がでております。
また、不動産には定着物もふくまれており、土地に長い時間生えている樹木は不動産になりますが。実は基礎工事によって土地に固着させられた機械に関しては不動産という判例が出ております。
しかし、建物の基礎や一部に釘やボルトなどで固定されただけでは不動産に分類される定着物には入らない判例が出ております。

なぜこのような細かい事を気にしなければいけないのかというと、土地を売却する時にどこまでふくまれるのかが変わってくるからです。売却した後に庭に植えていたみかんの木は新居に持っていくつもりでいる場合などは、訴えられたら負けてしまいます。
売却する時に、定着物かどうかの解釈が分かれそうな場合には、それらを最初に契約書に定義しておく事が重要になります。