不動産売買をするにあたって、契約書や重要事項説明書などを準備して慎重に手続きを進めていきます。そして契約をするにあたって、当事者が準備すべき書類もいくつかあるので、前もって準備しておきましょう。

売主が準備すべきもの

まず売主が準備すべき書類ですが、まずは物件に関する書類が必要になります。買主に提示するために登記済証もしくは登記識別情報を準備しましょう。
その他には建築確認通知書、建築協定書、マンションを売却する場合には、管理規約も準備する必要があります。
そのほかには税金関係の書類も用意しましょう。不動産を所有しているのであれば、固定資産税を負担しているはずです。そこで固定資産税納付書を準備します。
また、契約書に貼り付けるために印紙が必要です。いくらになるかですが、これは売買価格によって変わってきます。
契約書にサインするために、実印が必要でさらに3か月以内の印鑑証明書も必要になりますから役所で取得しておきましょう。

買主が準備すべきもの

売主と比較すると、買主は契約の時に準備すべき書類はそれほど多くはないです。まず手付金を用意しなければなりません。手付金に関してですが物件により若干の違いがあるものの、大体購入金額の5~10%といったところが相場になります。
あくまでも買主と売主の交渉で、双方が合意した額になります。株など現金化する必要があれば、早めに手続を進めることです。
手付金ですが現金でも小切手でも問題はありませんがパーソナル小切手は不可です。
手付金を支払った後に買主都合で契約解除する場合には、この手付金は戻ってこないので注意しましょう。
また本人確認書類が必要です。印鑑も必要ですが、住宅ローンを利用する場合には実印を準備しなければなりません。そしてもし不動産会社を介して契約が成立したのであれば、買主と売主で不動産会社に対して支払う仲介手数料が必要になります。