家意外に支払う物

賃貸物件に住んでいたり、マンションを購入したりなど共同物件に生活していると、家賃など以外に管理費や共益費、修繕積立金などを追加で収める事になっています。しかし、管理費や共益費、修繕積立金などは一体どのような物で、どのような物に使われているのかイマイチ理解されていない方もいらっしゃると思います。
そこでこちらのページでは管理費や共益費、修繕積立金などがどのような物なのかをご紹介します。

管理費や共益費

管理費や共益費はどのような物なのかというと、住んでいる物件のエレベーターやホール、廊下、ゴミ捨て場などの共用スペースの清掃費であったり、修復費や維持費、管理費に充てられる費用になります。
管理費や共益費は毎月家賃に追加される形で支払う事になっていて管理費や共益費を家賃と合わせて費用の事を総家賃と呼ばれます。

実は管理費や共益費は名前こそ違えど内容は全く同じになっております。
最初は明確な違いがあり、管理費は物件そのものの維持や管理のための費用として徴収し、共益費は共用部分の維持のために使用する費用になっております。
しかし、最近では支払うわたし達はもちろんの事、それぞれの違いを理解していない大家さんも多く存在しており、管理費なのに共用部分に使われているケースも増えております。
、共益費と管理費の違いはありますが、収める金額自体に違いはありませんので、そこまで厳密に考える必要はありません。また、家賃と管理費、共益費が分かれている事もありますが、基本的には大家さんの税金対策が理由が多い傾向があります。

修繕積立金とは

修繕積立金とは、分譲マンションなどの共用部分を大規模修繕する時のために毎月積み立てている費用になります。
しかし、共有部分の大改修にはかなりお金がかかってしまいます、現状では修繕積立金の設定がとても賄える程の金額ではありません。
そのため、共有部分の大規模改修の時には、さらに一時分担金を徴収するのが定番となっております。

また、大規模修繕する為には、かなり前から地道に積み立てて行く必要があるのですが、昔は徴収していなかった場合など、無計画な大家さんの場合には、建物が老朽化してしまっていても修繕することが出来ずに放置していまっている物件も多々あります。
不動産を購入しようと思っている場合には、そういった部分もしっかりと確認しておくと購入してからのトラブルを未然に防ぐ事ができます。