マンションを購入するにあたって、部屋の広さがどのくらいあるのか気にする人は多いと思います。部屋の広さを示している項目は専有面積なのですが、この専有面積にはいくつかの手法があり、どの手法をとるかによって広さが若干変わってきます。

壁芯面積とは

通常不動産会社の提供するチラシなどに書かれている専有面積は、この壁芯面積であることが多いです。
壁芯面積とは、壁や柱の中央部から内側の広さを表した専有面積になります。建築基準法で建築確認をする際には、この壁芯面積を採用するので不動産広告では主流になっています。

公簿面積とは

もう一つの公簿面積とは、登記簿に記載されている面積のことです。内法面積などと呼ばれることもありますが、こちらは壁で囲まれた内側の部分の広さを示しています。
このため、壁や柱半分が除外されているので壁芯面積と比較すると公簿面積の方が小さくなります。そして壁や柱などのスペースは使いようがないので、公簿面積の方がより実際の専有面積を反映しているとも言えます。
例えば住宅ローン控除や登録免許税の優遇を受ける時に、50平方メートル以上が条件です。これは公簿面積で条件をクリアしていないといけないので、不動産広告を見て50平方メートル以上だからと安心はできないわけです。