相続とは

一般的に相続と言ったら、両親から家や土地、お金などの財産を受け継げるといったイメージで使用していると思いますが、実は相続は家や土地などプラスになる財産だけではなく、両親が作った借金などのマイナス財産も相続しなければいけません。
しかし、普通に働いていて、急に数千万の借金を相続しなければいけないことになったら相続によって人生が狂ってしまう可能性もあります。
そんな時には相続でマイナス財産を引き受けないように相続放棄が有効な手段となります。

相続放棄申述の期間はわずか3ヶ月

相続税放棄をしようと思ったら、管轄の家庭裁判所に行き、相続放棄申述書をはじめとした必要書類を提出しなければいけません。
しかも、相続税放棄が認められるのは相続する財産を持っている人が亡くなって、自分が相続する事を知ってからわずか3ヶ月以内と大変厳しいルールがあります。こ
の3ヶ月以内に相続放棄するかどうかをしっかりと判断し、相続放棄する場合には、管轄の家庭裁判所に出向き手続きを行わなければなりません。
この3ヶ月という期間は1日でも過ぎてしまえば、原則、相続放棄は認められないので注意が必要になります。

相続法金の注意点

相続放棄をするとマイナスの財産を放棄する事ができるのですが、プラスの財産も同じように放棄しなければいけません。
例えば、両親の借金が2000万円あったので放棄した場合には、住み慣れた家や土地、車なども放棄しなければいけなくなってしまいます。マイナスな部分だけを放棄する事はできませんので注意してください。
また、この相続放棄の手続きは後から取り消しが認められておりません。その為、相続しようと思ったら思いのほか借金があった場合や、逆に相続したかった物があったのに相続放棄をしてしまった場合には、元に戻せませんので慎重に考える必要があります。
相続放棄まで3ヶ月と非常に期間が短い事もあり、焦らされてしまう可能性もありますが、慎重に考えるようにしてください。

相続税の申告期限

親の財産を相続した場合は、相続財産を遺して亡くなった方が死亡した時の住所地を管轄している税務署に行き、相続税の申告書を提出した上で納税しなければなりません。
この相続税の申告期限は、被相続人の死亡した日の翌日から10ヶ月以内と決められております。もし、この期間を過ぎてしまった場合には、遅れた分の罰金として延滞税が14.6パーセントかかってしまいますので、早急に手続きをするようにしてください。