購入する不動産は構造から選ぶ

マンションや住宅などマイホームを購入するような時に色々な物件をチェックしていると、「鉄骨鉄筋コンクリート造」や「鉄筋コンクリート造」、「木造」というような言葉をよく見かけると思います。
これらの言葉は、建物の構造に関する用語になっており、それぞれどのような材質でどのように作られたのかを表している言葉になります。
鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、木造には、それぞれに特性であったりメリットなどがありますのでその違いを確認しておく必要があります。物件の作られた構造は、ダイレクトに住み心地や耐久性に関係してくる部分になりますので、しっかりとそれぞれの特性やメリットを知っておく事は物件選びの重要なポイントになってきます。

鉄骨鉄筋コンクリートとは

鉄骨鉄筋コンクリートは、別名SRC造とも呼ばれています。
何よりとっても頑丈な鉄骨の周りを、更に鉄筋とコンクリートで補強している所が他の構造とは違っております。とってもコストがかかってしまうのであまり高くない建物には使われておりません。
鉄骨鉄筋コンクリートが使用されるのは、主に10階建て以上の高層マンションなど大きな建築物になります。鉄骨鉄筋コンクリート造は、とても頑丈に出来上がりますので耐震性の高さは群を抜いております。
引っ張る力に耐える鉄筋の良い部分と圧縮力に強いコンクリートの良い部分の両方の長所が活かされているので震災時の揺れや大規模建築の重みにもしっかりと耐えることができます。

鉄筋コンクリートとは

鉄筋コンクリートは別名RC造とも呼ばれています。
コンクリートに鉄筋が埋め込まれている建材で作られる建物で、コストは鉄骨鉄筋コンクリート造よりもかなりリーズナブルです。
10階建て未満の中低層の建築物に使用されている建築方法になります。鉄筋コンクリートは、気密性がとても高いので防音性能に優れています。
また、柱や梁、壁などの基礎の部分に鉄筋コンクリートが使われている物件は、振動にとても強いので地震でも安心でし。

木造とは

木造とはその名の通り木をメインに作られた建築方法で、木造住宅は、蓄熱量がとても小さく鉄筋コンクリートと違い密閉性が低くなっております。
この気密性の低さによって外気と室内温度の差を和らげてくれますので、結露を防いでくれます。その為、シミとカビなどが出来にくく、住む人の健康維持に役立つというメリットがあります。
また、木造の建物は燃えにくいといったメリットもありますので不慮の火災時にも安心です。