土地を自由に使用するにあたって、権利があります。土地に関する権利は大きく2種類に分類することができ、所有権と借地権に分けられます。
両方とも権利があれば、対象の土地に住宅を建築するなどが可能です。しかし所有権と借地権とでは内容も異なります。

所有権とは

所有権とは読んで字のごとしで、土地を所有するための権利になります。通常土地の売買をするというのは、所有権の売買をしていることになるわけです。
土地を購入した人は前者に代わって、その物件の所有権が得られます。所有権を持っている人は、売却や相続、贈与といった感じで土地をどのように処分しても勝手です。
ただし土地を所有している人は、毎年固定資産税・都市計画税を支払う義務が生じます。

借地権とは

借地権とは所有者から土地を借りて、そこに自分の建物を建築する権利を指します。
所有権の場合、土地の代金を支払うだけでした。しかし借地権を取得するためには、まず借地権購入のための権利金と土地の所有者に間借りしている対価として地代を支払わないといけません。
ちなみにこの借地権ですが、地上権と賃借権があります。両方とも借地借家法によって保障されています。地上権は法的な性質として物に対して直接支配する権利(物権)で、賃借権は使用収益することを約束する人に対する権利(債権)とされています。
賃借権には、旧法と新法とさらに分かれて、借地借家法が平成4年に改正された以降の法律を新借地借家法と呼んでいます。この新法に関しては、新たに定期借地権という更新が無い借地権が誕生しました。

借地権の種類や更新等、幅広く記載されています。
https://www.c21mercury.com/1/1.html
また、相談に関しても無料とホームページに記載されているので困ったら相談するのもいいかもしれません。