相続方法

被相続人が死亡した時には、相続人は、被相続人が所有している家や土地、財産など一身専属する権利や義務を除くすべての権利や義務を承継することになります。
この相続には遺産の状況に応じて単純承認という方法と、相続放棄という方法、限定承認という方法の3種類から相続方法を選ぶ事ができます。
相続について勉強するためには、まずはこの3種類の相続から確認しておく事が重要になります。

単純承認とは

単純承認とは、一般的な相続方法になります。
プラスの財産も借金などのマイナスの財産も親の遺産を全て無条件に受け入れる相続になります。この単純承認を行ったら被相続人の不動産や車、貯金、貴金属などだけではなく、借金などのマイナス財産も無制限に相続することになります。
また、この単純承認は相続する遺産がある事を知ってから3ケ月の間、相続放棄や限定承認の手続きを行わなければ自動的に単純承認になります。
他にも相続人が、相続する財産を少しでも処分してしまった時や相続人が、限定承認又は放棄をした後でも、相続財産の一部でも隠していたり、個人的に消費したり、相続財産と知っているのにあえて財産目録に記載しなかったときなどは問答無用で単純承認になります。

相続放棄とは

相続放棄とは、その言葉の通り、被相続人の遺産は全て受け取らない事です。相続することを辞退するという意味合いもあります。相続放棄をする方の中には、被相続人との人間関係が上手く行っていなかった場合など個人的な理由もありますが、被相続人が残した遺産が借金などマイナスな物が多い時などに相続してしまうと多額の借金を背負う事になりそうな時に行います。

限定承認とは

限定承認とは、相続する遺産が借金などのマイナスな部分が多く、相続するプラスの財産よりもマイナスが多い債務超過になっている時に、亡くなったひとから承継する相続財産の限度内で、亡くなったひとの借金などの支払いをする事です。

3ヶ月という期限がポイント

相続放棄や限定承認など、単純承認と違い、全てを相続しない場合には、自分が相続人になったと知ってから3ヶ月以内に手続きを取らなければいけません。
この手続きに1日でも遅れてしまうと、遺産を全て相続する意思があると思われてしまって、単純承認になってしまいます。特に遺産の内容が借金が多いような場合には、この手続きが出来ないと大変な事になってしまいますので、早目に手続きをするようにしてください。