マイホームを購入したいと思っている人も多いでしょう。自分の家を持つということは、不動産を所有するのと同じことです。不動産を所有していると、不動産関係の税金を支払わないといけなくなりますからその点はあらかじめ注意しておきましょう。

不動産を取得するときにかかる税金

マイホームを購入するにあたって、住宅そのものの費用しか目が行っていない人も多いです。
しかし不動産取得するにあたって、いくつか税金を負担しなければならないのでそのことも頭に入れて、予算を立てる必要があります。
不動産取得税は、文字通り不動産取得した人を対象(不動産購入に対し1回のみかかる税金)に課せられる都道府県税になります。
また、不動産取得した際には、登記簿謄本に所有権が移転したとか、住宅ローンを組んで購入する場合には抵当権設定するなどの手続きが必要です。
このような登記手続きをするにあたって、登録免許税と呼ばれる国税を負担しなければなりません。

不動産所有している時にかかる税金

不動産購入した後も、不動産を所有し続ける間は、税負担をしていく必要があります。
この税金のことを、固定資産税・都市計画税と呼びます。固定資産税・都市計画税ですが、毎年1月1日時点の所有者に支払い請求が来ます。(1月2日に所有権移転を行った場合は1月1日に売主が所有している状態ですので売主の所に支払い請求が来ます。)いずれも市町村税ですが、通常は固定資産税を支払います。
ただし不動産のある場所が市街化区域内にある場合には、都市計画税を負担しなければなりません。いずれも毎年課税される税金ですが、例えば200平方メートル以下の小規模住宅用地に関しては課税標準を1/6にするなどの軽減措置もありますので、チェックしてみましょう。