不動産売買などの手続きをする時などに、登記簿謄本の話がしばしば出てきます。現在では登記事項証明書と呼ぶのが正しいです。

登記簿謄本とはいわゆる紙で不動産情報を保存していた時の名残で、今ではコンピューター化が進みほとんどの所で登記内容は磁気ディスクによって保存されています。

 

登記簿謄本に登録されている内容とは?

不動産の登記簿謄本ですが、土地登記簿と建物登記簿の2つによって構成されています。土地は1区画・建物は1棟や1区分ごとに記載されるルールになっています。いずれも簡単に言ってしまうと、該当する物件の情報に関して記載されています。

具体的には土地や建物がどこにあって、広さはどのくらいあるのか、誰が所有しているのか、物件の権利関係はどのようになっているかなどが表記されています。

例えばマイホームを購入するにあたって、住宅ローンを組んだという人も多いでしょう。その場合、住宅を担保としてローン融資している所に出すわけですが、その抵当権に関する情報も登記簿謄本の中に記録されています。

もし抵当権のついている不動産を購入した場合、その購入者に抵当権が移行してしまいます。通常であれば買主から売主に代金の支払いが完了し、売主が残りのローンを返済すれば金融機関から抵当権を抹消するための書類が貰えます。その書類で司法書士が法務局に抵当権の抹消を申請します。しかし、個人売買とかの場合で登記を自分で入れるなどした場合には抹消し忘れているケースもあったりしますので気を付けましょう。

 

登記事項証明書(登記簿謄本)の取得方法は?

登記事項証明書の取得方法ですが、対象の不動産を管轄している法務局で手続きすれば、取得が可能です。ちなみにこの時、印紙が必要になりますが局内に印紙売り場があるのであらかじめ準備をする必要はありません。法務局に行っている時間がなければ、郵送で取得することが可能です。申請書などは各法務局のホームページからダウンロードが可能です。申請書に取得したい土地・建物の地番や家屋番号などを記入し、登記印紙を貼付して返信用封筒に切手を貼って同封します。
法務局の中には、登記情報提供サービスを行っている所もあります。このような所であれば、インターネットを使って閲覧することが可能です。